THE BEGINNING OF TOYP TOYPの起源

2011年に30周年を迎えたTOYP事業。その起源をご紹介いたします。
1 TOYP

TOYPは、Ten Outstanding Young Personsとして、
約10名の青年を世界各国から約10日間に亘って日本に招き、10年間継続することで、延べ100名の知日家とのネットワークを構築するというものでした。長期的展望にたち、大阪を舞台とした国際交流事業は、1986年セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)設立や、アジア開発途上国への支援などの事業につながっています。

「TOYP大阪クラブ」は、人的情報の交流を通して、相互理解の輪を拡大することを目的に決議され発足した交流組織です。(情報交換を積極的に行うために、会員名簿の作成、アニュアルレポートの配布、世話係を毎年選出することなどを取り決めていました。)

The Ten Outstanding Young Persons (TOYP) program was started to invite about 10 young people from around the world for 10 days every year for 10 years, so as to establish a network with a total of 100 persons who are knowledgeable about Japan. This international exchange program with its long-term vision, which originated in Osaka, resulted in establishment of Save the Children Japan (SCJ) in 1986 and various projects to support developing countries in Asia.

The “TOYP Osaka Club” was established as an exchange organization in order to expand the network of mutual understandings through information exchange among members. (It was decided that the club prepare a membership list, deliver an annual report and select secretaries every year in order to encourage information exchange).

2 TOYP

当初10年を区切りとしてスタートしたTOYPでしたが、その成果、意義を鑑みて無理に打ち切る理由もないことから、テーマ性を主体とした「ニューTOYP」として継続することを決定いたしました(”T”をTenの略からTheの略へ改称)。90年代は、地球市民というコンセプトで「地球社会への貢献−国家を超え、文化を超えて」を基本的視点として展開しました。

2000年代は、CSR(企業の社会的責任)など企業の社会貢献、地域社会との共生をテーマに「Think Globally Act Localy」などを実践しました。

TOYP started out as a ten-year program. Given the outcomes and the value of the program, there was no reason to discontinue it. Therefore, JCI Osaka decided to continue the program as a new TOYP that focuses on themes of activities. At the same time, the word “Ten” in the title of the program was replaced with “The.” During the 1990’s, TOYP developed activities focusing basically on “contribution to the global society beyond the borders of nations and cultures” as “a global citizens.”

Throughout the 2000’s, TOYP engaged in activities to “Think Globally Act Localy,” focusing on companies’ contribution to society including corporate social responsibility (CSR) and coexistence with local communities.

3 TOYP

TOYP事業は、毎年テーマを変えながら、世界的な視点で考えつつ地域の発展に寄与するといった様々な地域社会の抱える課題に取り組み、2011年で30周年を迎えました。
TOYP事業を通じて日本へ招聘した青年たち(=TOYPメンバー)は、現在も世界各地のさまざまな分野で社会的な影響を与えるなど目覚しい活躍を続けています。そうしたTOYPメンバーとの相互理解、お互いを尊重する気持ちが世界平和に貢献していることと信じ、また、TOYPメンバーとの友情の絆は、私たち大阪青年会議所にとってかけがえのない財産となっています。

TOYP has continued to deal with various problems experienced by local communities to contribute to community development by addressing different themes every year and taking a global view. TOYP celebrated its 30th anniversary in 2011. The young persons who have been invited to Japan by TOYP (TOYP members) have achieved outstanding performances, having a social effect on various fields throughout the world. We believe that mutual understandings and respect among these TOYP members contribute effectively to world peace. The tie of friendship with TOYP members is a precious asset of Junior Chamber International Osaka.